口腔外科のスーパーカウンセラー
口腔外科.COM内検索 WWW を検索
ホーム > 2010年7〜9月のオンライン歯科相談
 2010年7月〜9月のオンライン歯科相談 
10/9/25
 毎日、歯ぎしりが酷いのですが、治療できないでしょうか?[→詳細]
10/9/24
 経口BP製剤投与中の母です。歯科治療のことで…[→詳細]
10/9/23
 顎関節症がきっかけで、メンタル的にまいっちゃって、結果うつっぽくなることってあるんですか?[→詳細]
10/9/22
 歯茎が薄くなって、歯が透けて見えます。どのよう な治療法がありますか?[→詳細]
10/9/21
 がま腫の手術以外の治療法、OK-432嚢胞内注入療法[→詳細]
10/9/20
 骨隆起の除去手術。最先端の手術器具で行っています。[→詳細]
10/9/20
 根管治療。根管充填には、側方加圧法と垂直加圧法が[→詳細]
10/9/19
 あごの下に小豆粒くらいの腫れ[→詳細]
10/9/19
 赤い斑点が舌にポツポツ、最初はピリピリとヤケドの様な感じ[→詳細]
10/9/18
 リンパ管腫。現在、特に顎部の骨の変形があります。[→詳細]
10/9/17
 唾石症。全身麻酔で口腔外を8cmほど切開して、唾液袋ごと切除する方法しかないと言われました。[→詳細]
10/9/17
 頬骨が重い感じで少し痛いです。大きな口を開けた時、頬骨の上がへこみます。[→詳細]
10/9/16
 舌の下のほぼ中央に直径2mmの赤みがかった突起物ができました。[→詳細]
10/9/15
 舌の痛みに悩んでいます。 火傷したようにヒリヒリチクチク痛み、皮がむけたように赤くなっています。[→詳細]
10/9/13
 内頬と唇の内側が、赤く腫れています。[→詳細]
10/9/12
 口の開閉や食事の際、突然、奥歯、頬、耳の付近が痛みだしました。[→詳細]
10/9/7
 最近、高齢者を中心に増えているドライマウス。[→詳細]
10/9/5
 健康な人の唾液はサラサラで糸は引かないんでしょーか?[→詳細]
10/9/4
 上唇の山の部分の上があかくなって、両側にもひろがっています。[→詳細]
10/9/3
 突然しこりのようなものができ、痛み始めたのですが…[→詳細]
10/8/31
 舌縁にできもののようなものができてヒリヒリします。 表面は白くなっています。[→詳細]
10/8/30
 ドライウスになり8年、今後、どのようにしていけば進行を止められるでしょうか。[→詳細]
10/8/29
 左側舌と顎の間の腫れと痛みが1か月ほど治らない[→詳細]
10/8/28
 舌の下が突っ張る感じ、麻酔が聞いているような感覚がします。[→詳細]
10/8/27
 奥歯の奥の粘膜に筋の通った白いぶつみたいなのが…[→詳細]
10/8/26
 フェイスラインがポコっと腫れています。膿が溜まってる可能性はありますか?[→詳細]
10/8/25
 右側の頬に、ぐりぐり。触ると、きょときょとと動きます。そんなに痛みはありません。豆粒ぐらいでしょうか。[→詳細]
10/8/24
 頬の内側、上下奥歯の間に直径3-4ミリ程のいぼの様なものが[→詳細]
10/8/23
 非定型歯痛、抗うつ剤は飲めません。漢方でありましたら教えて下さい。[→詳細]
10/8/19
 無呼吸症候群。歯科医院でマウスピースを作って頂ければ改善すると聞いたのですが[→詳細]
10/8/18
 人工弁の術後3ヶ月しか経っていませんが、歯の治療は行ってもよいでしょうか?[→詳細]
10/8/18
 パッチテストをして、パラジウムと亜鉛の金属アレルギーと言われました。[→詳細]
10/8/16
 私は今、顔の筋肉、皮膚のたるみのことで悩んでいます。[→詳細]
10/8/15
 突然、舌の左側の縁にチクチクとした痛みがあります。[→詳細]
10/8/15
 歯痕(しこん)、舌の周囲に歯の跡が…[→詳細]
10/8/14
 上顎の舌が触れるところ、上皿が膨れていることに不安[→詳細]
10/8/13
 帯状疱疹が口腔内にでき、舌咽神経麻痺と診断されました。リハビリ方法など教えて下さい。[→詳細]
10/8/12
 6才の息子、歯茎がプクッと赤く腫れて治りません。[→詳細]
10/8/11
 1歳半の息子、上顎に1ミリくらいのほくろ。一番心配なのが、悪性黒色腫です。[→詳細]
10/8/10
 口蓋に口内炎ができている可能性があります。[→詳細]
10/8/9
 唇から奥歯に,一本線に内頬肉が細く盛り上がっています。[→詳細]
10/8/5
 6月半ばから口内炎、長すぎますし、癌でしょうか?心配です。[→詳細]
10/8/4
 口の中、上の所に突然、突起が出来ました。[→詳細]
10/8/3
 口臭、どうにか治したいです。 お願いします。[→詳細]
10/8/1
 後天性構音障害。2〜3年前から滑舌が悪くなっています。[→詳細]
10/7/31
 喉仏あたりが激痛、これは舌咽神経痛なのでしょうか?[→詳細]
10/7/30
 ホワイトニング。安原歯科でのメリッ ト、デメリットなどを教えてください。[→詳細]
10/7/29
 上唇にムズムズする違和感、米粒大より小さめ、色が肌色に抜けたようになっていました。[→詳細]
10/7/28
 上の親知らず抜歯、麻痺と治療費について[→詳細]
10/7/28
 開咬症とガミースマイルが気になる[→詳細]
10/7/27
 1〜2ヶ月に1度位の割合で、口腔内上顎に火傷をしたような痛みを伴う炎症が[→詳細]
10/7/26
 顎関節症。どうしたものかと思案にくれていたところ、先生のHPにたどりつきました。[→詳細]
10/7/26
 舌の付け根、両側に口内炎が…、抗がん剤の副作用で他にも[→詳細]
10/7/25
 口内炎?赤く腫れ、喉が傷み、1センチ位の大きさ、周りが白く真中も白い感じ[→詳細]
10/7/24
 18歳、息子の顎のずれ、歯科矯正で改善されるでしょうか?[→詳細]
10/7/23
 舌側面に赤いブツブツした突起物が数個あります。[→詳細]
10/7/22
 感染根管治療中に、痛みが出たり、腫れたりすること[→詳細]
10/7/22
 ガッタパーチャ(根管充填材)がキレイに取れない場合、抜歯もあると言うのですが [→詳細]
10/7/20
 今痛むところは、こめかみと耳の間や右の頬、頬骨のあたりです。[→詳細]
10/7/19
 後天性構音障害。今では会話がまともにできない程です。[→詳細]
10/7/17
 タイからの相談。8歳、歯茎に膿の塊ができています。[→詳細]
10/7/16
 突然、下唇にツルッとした7ミリくらいの出きものが[→詳細]
10/7/15
 がま腫。舌の裏にイクラ位の大きさの水泡が、できてはつぶれの繰り返し[→詳細]
10/7/15
 親知らず抜歯後、舌に嫌な痺れが…[→詳細]
10/7/14
 唾石症。この病気の最先端の治療法は、どのようなものでしょうか?[→詳細]
10/7/13
 顎関節症で調べたら出てきたので、ご回答お願いします。 [→詳細]
10/7/12
 親知らず抜歯から1ヶ月、現在も痛みがあります。[→詳細]
10/7/9
 舌の中央あたり、5ミリ以下程のしこり。[→詳細]
10/7/9
 唇の内側に米粒大の水泡ができて違和感を感じています。[→詳細]
10/7/8
 白板症? 現在は痛みも無く灰白色の薄い偽膜で覆われている状態です。[→詳細]
10/7/7
 舌下小丘。ニキビのような、水ぶくれができています。[→詳細]
10/7/7
 いつものような口内炎ではなく、赤黒といいますか…[→詳細]
10/7/6
 下唇内側に1.5cm程のシコリ、ネットで見てみると下口唇粘液嚢胞の写真そのものでした。 [→詳細]
10/7/6
 前歯から4本目の歯茎に水ぶくれができるようになりました。[→詳細]
10/7/5
 かねてより口内炎がひどい。どこの科に行けばよいでしょうか?[→詳細]
10/7/4
 口をあけるとカクカクと音がします。[→詳細]
10/7/4
 前歯の歯茎の上のほうに口内炎みたいなものが[→詳細]
10/7/3
 癌治療のため、抗がん剤を受けていますが、歯の治療は可能でしょうか。[→詳細]
10/7/3
 矯正治療を始めるのにあたって、親知らずは抜いた方がいいのでしょうか?[→詳細]
10/7/2
 歯科で抜歯。薬のことを伝えたところ、三か月ベネット錠を止めるように言われました。[→詳細]
10/7/1
 ご安心ください。歯科恐怖症の患者様も多数通院治療中です。[→詳細]

2010年7-9月 2010年4-6月 2010年1-3月 2009年10-12月 2009年7-9月 2009年4-6月 2009年1-3月 2008年10-12月 2008年7-9月 2008年4-6月  2008年1-3月 2007年 2006年 2005年

Image Picture

[PROFILE]
安原歯科医院 院長
日本口腔外科学会認定
口腔外科専門医
Image Picture
 こんにちは、安原歯科医院の安原豊人です。
 ご健康であれば、88歳であってもインプラントの手術自体は可能だと思われます。問題は、現在そして、今後インプラントをメインテナンスすることがができるかどうかです。
 総義歯の方のインプラント補綴の方法には、上下前歯部および臼歯部に多数のインプラントを植立して「ブリッジ」で歯を作る方法と、臼歯部の骨が薄いなど制約がある場合、前歯部に上下それぞれ5本ずつ程度インプラントを植立して、奥歯には歯を延長させるように被せ物を行う「カンチレバー方式」(この延長部分を「カンチレバー」といいます)で歯を作る方法があります。
 さらに、上下それぞれ2〜3本程度インプラントを植立して総入れ歯を動かないように固定してやる「オーバーデンチャー方式」の三種類が考えられます。
 「ブリッジタイプ」の場合機能的にも、審美的にも最も優れていますが、多数のインプラントを植立しなければならず、手術の侵襲は大きくなります。また、臼歯部の骨が無い場合、骨の増生手術を併用しなければならないこともあります。また治療費もかなり高額になることが予想されます。
 「カンチレバー方式」は、「ブリッジタイプ」の制約をカバーできる方法です。審美的には、「ブリッジタイプ」に劣りますが、入れ歯がどうしても嫌だという方で、骨の量が少ない場合は「カンチレバー方式」を採用することが多いようです。ただ、インプラントのメインテナンス(口腔内清掃)の面から考えると本数は少ないほうが容易であるといえます。
 今まで、永年入れ歯に慣れておられて、さらにもっと入れ歯でよく噛みたいというご希望であるなら「オーバーデンチャー方式」で、十分であると考えます。「オーバーデンチャー方式」は、インプラントにアタッチメントという入れ歯の着脱が容易にできる装置がついています。入れ歯を外して洗うことができますし、2〜3本程度のインプラントを清掃するだけでお手入れが簡単であるといったメリットもあります。一度、主治医の先生とよくご相談されることをお勧めいたします。

COPYRIGHT 2010 YASUHARA Dental Clinic All Right Reserved.